会社設立登記の一般的な流れ

会社設立登記手続を司法書士に依頼する場合の、一般的な流れは以下のとおりです。

手続きお客様にて対応司法書士にて対応
司法書士へのご依頼
ヒアリング・手続及び費用のご説明
商号・役員構成・その他必要情報の検討・確定
会社代表印(会社実印)の調製
(ご依頼に応じ手配できます)
必要書類の作成
必要書類・証明書類の捺印・手配
定款の認証
設立時出資金の払込み
登記申請

※登記完了後に、税務署、年金事務所等への届出等が必要となる場合があります。これらの手続きについては、必要に応じて税理士、社会保険労務士等にご確認ください。

※許認可が必要な業務を営もうとする場合は、別途、当該許認可に係る手続も必要となります。
当事務所では許認可関連の手続要否の確認や手続代理を承っておりますので、ご遠慮なくご相談ください。

司法書士・行政書士 司栗事務所代表。日本企業やグローバル企業からの依頼による会社・法人の設立、株主総会、M&A、グループ内再編、独禁法関連、特定目的会社を利用した資産の流動化、金融商品取引業、投資法人(REIT)等に係る登記手続や官公署への届出事務等に多数関与した経験を有する。
PAGE TOP